タイトル
楽しい数学


アーカイブ

お知らせ

数学基礎学力研究会の基本理念は{楽しい数学}です。より多くの方々に「数学は面白い」と思っていただけるよう、種々の活動を行っております。

7月の数学教室は、「堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える(24)」と「和算入門(23)-関孝和先生の門下生(其の3)」です。( 先月号までの分は、左のアーカイブの欄にあります。)

「数学教室」と「健二さんの楽しい数学」は毎月1日更新です。

数学教室

○ 堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える(24)

齋藤 三郎 群馬大学名誉教授、数学基礎学力研究会顧問

○ 和算入門(23)-関孝和先生の門下生(其の3)

小林 龍彦 前橋工科大学名誉教授





[和算の里 長野県木島平村]

長野県の北部にある木島平村には、俳額が19面、松尾芭蕉の句碑が11基残っており、俳句の里とも呼ばれているようですが、人口5千人ほどの村にかかわらず 算額が8面、算塚(算子塚)も複数現存しており、和算の里として知られています。

木島平村の和算は野口湖龍(保敞、? ~ 1814) に始まります。

野口湖龍は、 計見村の野口惣右衛門家の養子となった後 30歳頃から和算を学び、当初は宮城流を藤澤近行、後に関流を小林松順から学び、免許状を得てからは多くの門弟を育てました。

村内の算額は、農村交流館内の「ふるさと資料館」に複製が展示されていますので、資料や解説と一緒に見ることが出来ます。

また、村内の遺跡からは大変珍しい形状の剣が出土されており、こちらも「ふるさと資料館」に複製が展示されています。


算額測量算額

上左の写真は、ふるさと資料館に展示されている水穂神社の算額(複製)。右の写真は、測量算額(複製)。







当サイトへのご意見、ご要望は、メールで suugaku@mirun.sctv.jp までお願いいたします。
Copyright SuugakuKisogakuryokuKenkyukai All rights reserved.