本文へスキップ

珈琲豆専門店ピオーネ 「正しい珈琲」で皆様の笑顔のお手伝い

お問い合わせ Phone: 0283-22-9730

Email: pione@mirun.sctv.jp

コンセプトconcept

「ピオーネ」とは

pione_logo ピオーネとはイタリア語で開拓者という意味です。

皆様に、「正しい珈琲」を伝えたい!広めたい!
そんな思いから「開拓者」と言う意味の自家焙煎店ピオーネを始めました。

アドバンスドコーヒーマイスター 草野 浩



「正しい珈琲」とは

当店が考える「正しい珈琲」のポイントは3つあります。

pione_logo 一つ目は、「丁寧なハンドソーティング作業」です。
ハンドソーティング作業とは、珈琲の風味を損なう豆を取り除く作業の事で、焙煎の前と後の2回行います。
一回目のハンドソーティングでは、生豆の状態で欠点豆(虫食い豆や未成熟の豆など)を取り除きます。
どんなハイグレードの珈琲豆であっても欠点豆は含まれています。
2回目は、焙煎後のハンドソーティングです。ハンドソーティング作業を2度行う事で、
カップに注がれる珈琲が一層クリアーな味を引き出してくれます。
私は、ハンドソーティングはとても重要と考えます。



pione_logo 二つ目は、「適正な焙煎」です。
適正な焙煎を行うために重要なのは、豆の個性に合わせた焙煎です。
その日の気温や湿度、風の強弱を考慮し、調整しながら焙煎をしています。焙煎中は、いつも豆たちと会話を楽しんでいます。
当店の焙煎機は、マイスター2.5を導入しています。
こだわり抜いて作られた最高の道具と焙煎士の経験により、一年を通して高品質な「正しい珈琲」をお届け致します。


pione_logo 三つ目は、「鮮度」です。
珈琲豆は生鮮食品です。
焙煎された珈琲豆は時間が経つにつれて劣化し、徐々に風味が損なわれていきます。
鮮度のいい豆で珈琲を入れると、ハンバーグのようにふっくらと膨らみます。
当店では、少量焙煎でいつでも新鮮な珈琲豆をご用意しております。
お客様には、少しずつこまめにお買い求めされる事をおすすめします。

  
店舗イメージ

info.店舗情報

自家焙煎店ピオーネ

    

〒327-0042
栃木県佐野市上羽田町1242
Phone/Fax:0283-22-9730 
営業時間:
11時頃〜18時頃又は日没頃
定休日:水曜日