タイトル
楽しい数学


アーカイブ

お知らせ

数学基礎学力研究会の基本理念は{楽しい数学}です。より多くの方々に「数学は面白い」と思っていただけるよう、種々の活動を行っております。

9月の数学教室は、「堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える(50)」と「和算入門(49)-安島直円の仕事(1)-」です。( 先月号までの分は、左のアーカイブの欄にあります。)

下のお知らせ欄もご覧ください。


「数学教室」と「健二さんの楽しい数学」は毎月1日更新です。

数学教室

○ 堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える(50)

齋藤 三郎 群馬大学名誉教授、数学基礎学力研究会顧問

○ 和算入門(49)-安島直円の仕事(1)-

小林 龍彦 前橋工科大学名誉教授






お知らせ

8月25(土),26日(日), 第14回全国和算研究大会が開催され、今年度は群馬県和算研究会(会長:小林龍彦前橋工科大学名誉教授)の主催とのことで門外漢ながら参加しました。今後、若い方々の参考になればと思い、簡単に紹介させていただきます。

全国和算研究大会は、各地の和算研究会が持ち回りで主催し、和算研究会に所属する・しないに拘わらず広く研究者等が成果を発表し、また、交流・親睦を図ることを目的としているようです。例年8月下旬に開催され誰でも参加できるようですから、これから和算を勉強したいというような若い方も遠慮せずに参加してみては如何かと思います。研究発表を聴くだけでも勉強になり、疑問があれば訊くことも出来ます。また、お近くの和算研究会などの研究者とも知り合うことが出来るなど得るところは大きいですし、和算研究会も高齢化が進んでいるようですから、入会などすると大いに歓迎されることになるでしょう。

今年度の全国大会は、栃木県佐野市の総合福祉センターと郷土博物館を会場として行われました。群馬県和算研究会の主催は4回目となり、群馬県ではなく栃木県ですが日本(世界)最古の算額が現存する佐野市が今回の開催地として選ばれたとのことです。

参加者は、北は岩手県から南は大分県までの各和算研究会の会員の皆さんや佐藤健一氏をはじめとする研究者、学生さん等で、台湾の大学から参加・発表をされた方もいました。

25日の夕刻から懇親会が開かれましたが、直前に次回の開催地を決める代表者会議が行われたとのことです。研究会の高齢化も関係しているのか、会議は難航して次の開催地はその場では決まらなかったようです。ところが、懇親会が始まるや否や忽ち開催地に名乗りを挙げる研究会が現れたのです。

この後 懇親会が大いに盛り上がったのは言うまでもありません。

※ 続きは次号に掲載します。





    

8月19日(日)、小林龍彦前橋工科大学名誉教授(群馬県和算研究会会長) により「伊能忠敬測量隊に従った小野栄重と群馬の和算家たち」と題する講演会が行われました。和算研究者・愛好者のみならず一般の方々も大勢詰めかけ、小林先生も熱が入りすぎたのか1時間30分程度と予定されていた講演が2時間を超え、数名の方が無念といった顔で途中退場していきました。小林先生の講演を聴かれる場合、後の予定に余裕を持たせた方がよろしいようです。

講演会









当サイトへのご意見、ご要望は、メールで suugaku@mirun.sctv.jp までお願いいたします。
Copyright SuugakuKisogakuryokuKenkyukai All rights reserved.