タイトル
楽しい数学


アーカイブ

お知らせ

数学基礎学力研究会の基本理念は{楽しい数学}です。より多くの方々に「数学は面白い」と思っていただけるよう、種々の活動を行っております。

4月の数学教室は、「堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える(45)」と「和算入門(44)-関流・最上流論争(3)」です。( 先月号までの分は、左のアーカイブの欄にあります。)

下のお知らせ欄もご覧ください。


「数学教室」と「健二さんの楽しい数学」は毎月1日更新です。

数学教室

○ 堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える(45)

齋藤 三郎 群馬大学名誉教授、数学基礎学力研究会顧問

○ 和算入門(44)-関流・最上流論争(3)

小林 龍彦 前橋工科大学名誉教授






お知らせ

本サイトで「堪らなく楽しい数学-ゼロで割ることを考える」を連載中の 齋藤三郎群馬大学名誉教授 による「第1回ゼロ除算研究集会」が 3月15日(木) 11:00 から群馬大学理工学部・大学院理工学府で開催されましたが、年度末の平日であるため忙しくて参加できない方も多かったようです。     

そこで、齋藤三郎群馬大学名誉教授の講演要旨を、暫くの間掲載いたします。

第1回講演要旨













月は地球の周りを回っていますが、地球の中心を中心として回っているわけではないようです。

地球と月はお互いに引っ張り合っており、地球と月との共通重心を中心として回っています。太陽と地球の場合では質量の差が大きく、ほとんど太陽の中心からズレないようですが、地球と月ではそれなりに重心の位置は移動するようです。

   地球の質量は、約5.97 ×10^24 kg 、月の質量は 約7.35 ×10^22 kg です。あと 地球と月の距離のデータがあれば、共通重心の位置を簡単に計算できます。

この共通重心は、二つの天体が 惑星と惑星なのか、惑星と衛星なのかの判定にも使われているようです。また、塩の満ち引きにも関係してくるようです。興味のある方は、調べてみてください。












当サイトへのご意見、ご要望は、メールで suugaku@mirun.sctv.jp までお願いいたします。
Copyright SuugakuKisogakuryokuKenkyukai All rights reserved.